2017年9月2日土曜日

信じるとは



月がさツアファイでした



月がさ素晴らしかったです


これからも

一緒にやっていきたいさ



話変わって


突然ですが



自分を信じる


なんて


狂気の沙汰だと思うです



そんな事できるやつは

相当なナルシストだ



普通は出来ないよ



てか、出来なくても良いよ



俺が思う「信じる」は

自分の事を信じてくれている人間を信じる事

それがいわゆる自分を信じるという事だと思う



そういった意味で

今日は自分を信じる事が出来なかった気がする



正直


ガクンと

自信を無くした




人が崩れるのは


結構あっけなかったりするのである


でもね


それでも明日は来る

ライブがある


なんと明日ライブがある



明日は信じきる


自分を信じきる



疑う余地など無いほどに




ありがとう


やったる



よろしく





KAKASHI颯太と


2017年8月11日金曜日

別に解散?とかバンドがやばい状況とかじゃなくて、今、もっとあなたにライブしたい!もっとあなたのヒーローでありたい!絶対的に!という気持ちから書きました



お金かかるんですよ

スタジオって

これが結構バカにならない


あとライブしても必ずしもお金貰えないんです


なんなら1人何千、何万ってお金払ってライブする事も多々あります


だから働いてます




いわゆる売れないバンドマン





あ、おれバンドマンってワード嫌いなんですけどね

それは置いておいて


お客さんだって働いてます

ライブに行く事が生き甲斐です!

ライブ行くために働いてます!

そんなのはもうらぶでしかないんですが

言いたい事は

お金って大事って事

ほんと大事

ほんとにお金無いと腐るし

だから無い時は無いと
ちゃんと言います
無理しません

バンドを変に終わらせたく無いし

CD作るのにも曲作るのにも

時間もかなーり使うけど

お金もたくさん使うんです

なんなら、時間をかけて得たお金を使うわけだから

結果的に時間は倍使うし、更にお金もかかるという

なんというスパイラル

何か後ろ盾がある訳でもなく
認知度が異常に高い訳でもなく
お金があるわけでもなく
あるのは

めちゃ良いライブと

めちゃ良い楽曲達だけです

(いや、お前それあんのになんで売れないんだよという突っ込みは受け付けません)


なんとも厳しい現実なのです

今まで
どれだけの先行投資をしてきたか
もはやわけわからんけど

というか何への投資だったのか
もはやわからんけど笑

ライブに来てくれた人に

「あ、QLTONEお金無いんだ、、」

と思いながらライブは見て欲しく無いですが、、笑

あえて言おう

「無いものは無い!」

お金で活動が、音楽が嫌になるのは

本当に嫌なのです!!


音楽聴こ!

って思えばyoutube開くし

ライブ映像見よ!

って思えばyoutubeにあるし

あっ、ライブの生配信ある!

ってなったらもう最強で

お金かからないし

会場に向かう時間もかからない


ましてや
その日の日程や時間を抑えておく事さえしなくなって良い

こんな素晴らしいコンテンツが

今の時代は存在していて

それはそれは私自身もその恩恵は受けていて

じゃあ文句言うな

という支離滅裂な感じなんですが

文句言いたいんじゃなくて

「じゃあさ、ライブって何?」


あー、言ってしまった


ついに言ってしまった


まあ、そんな事を今年の春ぐらいから考えてました



「ライブって何?」



温度感、熱感、いわゆるライブ感

ライブでしか味わえないよね!

ってよく言います


それは俺もそう思う



あとは一体感



ほんでもって


'目と目が合う感'かなあ



これは一体感とは対極にある良さかと



感感ばかりで具体的でねーな

と思うかも知れませんが


おれはそう考えます



あとはライブハウスで育ってきた人たちだけの特有の楽しみ方

ってのもあるけどそれは置いておいて

ライブって何?ってきかれたら

目と目があう感を楽しめ!

と、今ならいうと思います



ライブ中

あなたに、お前に

とよく言うけれど

あれ癖で言ってるとかじゃなくて


本当にそう思ってるからね


下を向いてるやつ

あくびしてるやつ

携帯見てるやつ


そう言う人にも向けて


そういう行為やめろ言うてるわけでなく


油断しているあなたにも

言ってるし歌ってます

見てるからね

結構、みてるからね笑





でもライブの価値だけで考えた時に


使う金と時間=ライブ


これがイコールにならない人が増えた

いや語弊がある


イコール、いやそれ以上の価値がある事を"知らない人"が増えた


そんな印象がある


ライブハウス楽しいぜ

ライブって最高だぜ

って是非とも皆さん

誇りを持って

叫んでください


叫ぶ必要はないか笑

誇り持って下さい


そして誰かに是非

叫ぶんじゃなくて


伝えてあげてください。







QLTONEはいまCD作りたいっす


いま、いろいろ考えてます


もしかしたらクラウドファンディングとかも考えてます


最終的には流通かけたいです

でもそれだってお金もかかります


今後QLTONEが何かアクションを起こしたら


大袈裟なほどリアクション下さい


拡散して下さい

喜んで、楽しんで、笑って下さい


俺たちはそうなる様


ただただバンドやります


突然こんなブログでしたが


とにかくよろしくな


って事です




じゃあ、下手しい

物心ついてから初めての家族全員でのお出かけして来ます




















あ、





















ちなみにキャンプです




byキャンパーおおしま

2017年6月24日土曜日

sugar


いやはや


大変お待たせしました


1年以上の沈黙を破り




遂に新曲が発表できました



1年かけて作っていたわけではないのだけど

総合的に考えたら

1年かけて作った新曲



そう呼ぶに相応しい曲になったと


自負しとります



もしかしたら初めてかもしれない試みがあります


基本的にわたしは

僕や私というワードを使って

歌詞の中に物語や感情の流れがわかるようにします


今回は恐らく初めて
僕 僕たち 私 などの一人称を表す言葉を一度も使ってないんです




これはあえてそうしたんだけども



それには理由があって


サビの歌詞に
「かさぶたみたいな人になりたいな」


という節があります


自分で書いたけど
「なんて、なんて優しい気持ちなんだ」

と感激しました


あくまで「なりたいな」と言っているところから、現在はそんな人間にはなれていない事がわかる


でもなりたい



かさぶたみたいな人になりたいな


この一節からとてつもなく優しさを感じるんです



1度かさぶたについて考えてみて下さい





傷の上に覆い被さり傷を守り治癒を早める

しかも傷が治ったらなくなっちゃう

そんな人になりたい


どれだけマザーテレサなんでしょう



こんな優しい歌には

誰かの歌ではなくて

みんなの歌になって欲しくて



一人称を避けました




この歌を聴いた人の心が

優しくなりますように




毎回想いを込めて

歌わせていただきます




CD化も頑張ります


5億年ぶりのブログでした




2017年5月12日金曜日

生き方


きっと

いや

絶対に今より賢い生き方

あっただろうなあと思う


賢いでは語弊があるかも





旨味のある生き方というか


それよりも前に思うのは





生きるの下手だなあと


何を持って上手い下手を決めてるの?


と言われたらごめん比べてるかも



と思うけど


そう思うの




やりたい事がある様で、本当は無かったのかなと



やりたい事を、思う存分、全力で、かつ最高に楽しく


やりたいなあ


そんな人間になりたいなあ




けいた


2016年12月11日日曜日

ぼくたちは歴史的瞬間に立ち会った



どうもアニメオタクです


いやアニメ好きです


良いアニメとは?


俺は萌え系アニメはあまり好きではないです

ラブコメは好きですが

あとギャグ系は好きですが

のほほん系は途中で眠くなっちゃいますので

あまり得意ではないです



俺が大好きなアニメは


「心揺さぶる系」


です





は?




って思うでしょう




でもこれが一番しっくりくる



心揺さぶられてえのよ、要するに



ほんと揺さぶられるのよ





ハイキュー!!って作品は!!!!



そう



ハイキュー!!の話をしたいのだ俺は


毎週毎週ずーーっと楽しみに見ている




毎週楽しみにしてしまう作品なんてそうそうない





そんな中我々人類は

先日ある歴史的瞬間に立ち会った

ある歴史的心揺さぶられる的瞬間に立ち会ったのだ




そう



テレビアニメ、ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校の第8話、烏養監督の最期のセリフだ





「下を向くんじゃねぇー!!」

「バレーは常に上を向くスポーツだ!!」


















これだ



知らない人は知って欲しい


てかハイキュー!!見てない人は


見て欲しいし


心揺さぶられ待ちの人は



マストで視聴だ


烏養監督を演じた声優、田中一成さんはおそらくこれが声優人生最期の仕事で


最期の言葉


もはやこれは

劇中のワンフレーズなんかではない




「負けんなよ」「くじけんなよ」



とまだ生のある我々に


少し照れながらも真剣に


エールを送ってくれているのではないか


と錯覚、いや

そう思うのだ


以下公式HP


http://www.j-haikyu.com/anime/




知らない人は知ってくれ





こんな作品の様に


おれはなりたい





2016年11月7日月曜日

我々は希望



我々QLTONEは


お金を払ってまで来る

あなたたちに

何かを与えるため

活動しています



過言ではないです



どっかのライブハウスの店長に


「与えるとは何様だ」


と言われそうですが



てか言われた事あるが



いや、うるせえばか



だってそうでしょ


じゃあ何に金を払って


みんなはライブハウスに


いや


QLTONEに


会いに来てくれるのか?




そのお金以上の何かを






それが希望とは限らないけど





来たあなたに期待値を超える何かを



与えてこそでしょう


じゃないと二回目いきたいと思わないでしょ




おれのわたしの




人生のテーマソングなんて



なるわけないでしょ






どっかのライブハウスの店長よ




お前は間違っている




俺が正しいとまでは言わんが







お前は間違っている









俺は好きな人のためでも

解散するバンドのためでも

今日失恋しちゃった人のためでもなく





QLTONEラブなあなたのために


活動したいよ





活動させてよ





歌わせてよ



なんなんだよ



余計な事件やら感情やら


邪魔なだけなんだよ



ふざけんじゃねーよ



悲しいんだよ


苦しいんだよ






言っておくけど




今回の文章はBLOGではありません





ただの感情です




垂れ流しです











名付けて




天然感情垂れ流し〜





良い湯だなあ〜





(死んでしまえ)













写真は絶望





a view from the sun(ものすごくかきかけだったやつ)


最高の日だった

正直最高のライブしたと思ってます


良い緊張感と良い高揚感と



過去最高のライブだったと

自負

























































しておりましたが








ライブ映像みるとほんとクソで泣きたいぐらい



でもそういう事が言いたいんじゃない





わかるだろお前ら